Spigot プラグイン開発 5 /Bukkit staticの機能紹介

Spigotプラグイン開発

前回の続きです

今回はどこからでもアクセスできるBukkitのメゾットを紹介します。よく使いそうな順で書いていきます。

Bukkit.getOnlinePlayers

これはサーバーにいるオンラインのプレーヤーのリストを取得できます。サーバーにいるプレーヤー全員をテレポートしたり、ポーション効果を与えたりするときに使います。

例:サーバー上のすべてのプレーヤーにメッセージを送る

        for (Player player:Bukkit.getOnlinePlayers()) {
            player.sendMessage("sendmessage");
        }

Bukkit.getPlayer

これはサーバー上のプレーヤーを名前またはUUIDから取得できます。サーバーにいない場合、存在しない場合はnullを返します

また、Bukkit.getOffilinePlayerというのもあります。こちらはオフラインのプレーヤーにも使用できます。私の場合はUUIDからプレーヤーの名前を取得したいときによくつかいます。

例: aという名前のプレーヤーを取得

Player player = Bukkit.getPlayer("a");

Bukkit.getPluginManager

これはイベント登録のときに必ず使用します。以前の記事のものと同じです。

Bukkit.createInventory

これはカスタムインベントリを作成したいときに使用します。GUIの選択画面を作りたいときなどで使ったりします。設定できるインベントリのサイズは9の倍数のみです。

例:9*4のサイズでタイトルはtest

Bukkit.createInventory(null,9*4,"test");

Bukkit.createBossbar

これはカスタムボスバーを作成するときに使用します。

例:タイトルtest、色青、20の区切りをつけたボスバー

Bukkit.createBossBar("test", BarColor.BLUE, BarStyle.SEGMENTED_20);

Bukkit.getLogger

コンソールにログを流したいときに使用します。

例:コンソールにテストと流す

Bukkit.getLogger().info("test");

Bukkit.getWorld

ワールド名からワールドを取得、すでに読み込まれているワールドのみ取得できます。まだ読み込まれていないワールドを取得するときは

new WorldCreator("world").createWorld();

Bukkit.getWorld("world");

終わりに

他にも色々な情報を取得できるのでBukkit.の候補を見てみると良いと思います。

Spigotプラグイン開発

Posted by mcspigot